寝落ちラジオを聞いた後に読むブログ

寝落ちラジオを聞いた後に、本当に寝落ちするために読むブログです。

お金が嫌い

唐突に何だよとお思いだろうが閻魔ちゃんだよお〜(そこじゃない)

次回だかその次だかの放送で私のメンヘラが堂々と(?)バレたので↓おまけ程度にURLを貼りつつ、今日はお金の話をするよ

出オチラジオ

radiotalk.jp

わたしはこの世で3つ嫌いなものを挙げろと言われたら1.牡蠣 2.善意押し付けババア 3.お金というくらいお金が嫌いである。

ちなみに2位の善意押し付けババアというのは「いきたくても生きられない人もいるんだから贅沢を言わないの」とかほざくクソババア、もしくはジジイの事である。1位は言わずもがな、食べ物の牡蠣な。生でもフライでも焼きでも食べられない。どうしても性器を思い出させる食感の食べ物という認識である。(この世の牡蠣好きな方本当にごめんなさい)

さて、本題、お金が嫌い問題である。

これは、わたし自身がお金に育てられたからというただの自己嫌悪も大きいとは思う

お金は便利だ。知っている。お金があれば時間も、人も、信用も、学歴も、寿命すらも買える。(怖いね)

タクシーなどが良い例だろう。わかりやすく時間をお金で買っているのである。

この世で1番わかりやすいシステムであると思う。わかりやすくて怖い。あまり関わりたくないとも思う。

しかしそれだけではない。決定的にお金を嫌いになった出来事があるのだ。

わたしは10代の頃に今でも忘れられないほど決定的な失恋をし、ズタボロになって人間としての機能を失いかけていたため、父親に海外に飛ばされた。ちなみにあまり共感は得られないが、何かあると海外に飛ばされるというのはボンボンあるあるである。行き先はあたたかいところだった。陽気な雰囲気の中にいれば失恋も癒えるだろうという短絡的な考えだったのだろうが、その陽気さは当時のわたしにとって苦痛でしかなかった。

1年で使うはずのお金を3ヶ月で使いきって帰ってきたわたしに、両親は何も言わなかった。

お金だけが特に父の愛情表現の手段なのだから仕方がない。

帰るところもないので、とりあえず人1人が入れるぐらいの馬鹿でかいスーツケースをがらがらと引き、父に会いに行ったものの、決定的な失恋の要因になった人とした会話、フェルマーの最終定理とか、表面張力の話とか、そんなどうでもいいこと、そういう1つ1つを思い出し、ホテルのグラスに注がれた水を眺めては「表面張力だ…」と泣きまくっていた(違うし)

しかも「シクシク」とかではない「エエエエエンンンンンワアアアアアアンンンン」である。昼間のホテルである。

ちなみにわたしは年齢よりやや年上に見える上に不倫顔をしており、更に父とは全く顔が似ていないため、父は娘が表面張力で泣いているというトチ狂った事実よりも、自分が不倫相手に別れを告げ、泣かれていると周囲から思われる方が厄介だったのだろう、早々に近場のホテルを取り、何泊分だか知らないがとっととお金を払い、「ひょ、表面張力が…」と「エエエアアアアンンンンワワワワアアアアアアア」と永遠にわめくわたしを1人置き去りに、「じゃあな!」と言って去って行った。

いまなら父親の気持ちもわかる

しかし当時わたしが求めていたのは帰れる所だったのだ。

当然ながら現金でもないし無駄に広いベッドのあるホテルでもなければ勝手に使えるルームサービスでもない。

実家あるんじゃね?とお思いだろうが、実家には目が合うだけでわたしのiPhoneを庭の石に叩きつけて割る恐ろしい人間がいるため、前にも書いたが実質実家はない。父と母はずっと別居をしているが、父親は当時恋人と暮らしており、わたしを泊められる状況ではなかった。

つまるところやはり当時のわたしに帰るところはなかったのである。

しかし五万歩譲って実家には帰れないとしても、父親は恋人を一旦家に帰らせ、わたしを家に泊める等、選択肢はあったはずである。

だが父がそれを選ばなかったことによって、わたしは彼女より優先順位が低く、なおかつ帰るところもないという事実を徹底的に思い知った。大体のことは解決できてしまうけど、本当に大事なことは解決できないんだなということも同時に思った。

お金もなんにも関係なくただ誰かにいて欲しいと思うようになったのはその時からかもしれない

まあそれから数年後、お金はないが、ただいてくれる元夫という人間を見つけ、失敗したのでした。

今後は普通に生きていける程度に自分でお金を稼ぎ、ただ誰かにいて欲しいときにはもうなんか東京秘密基地にでも頼もうと思うよ、、、、、、あれ、結局お金いるね??????もうむなしすぎない????大丈夫??????まあいいです、、、、勝手に頑張ります、、、、

またね

 

本家の寝落ちラジオはこちら

寝落ちラジオ

寝落ちラジオ

  • neochiradio
  • 即興コメディ
  • ¥0

podcasts.apple.com

さみしくないアレクサがおかえりって言うし

閻魔ちゃんだよ

わたしには帰る家がない。

実家もなければ故郷的なところもない。ずっとおかえりがある所を探して恋人の家に住み着いたり友達とルームシェアをしたりしたが、結局おかえりは見つからず、現在も一人暮らしをしている。

というめちゃくちゃ重い話かと思いきやアレクサの話なので安心して読んでいいよ!!!!!ハハーーーー!!!

アレクサ、すっごい便利だよ?知ってる?

まあそんな今更感が半端ない強い話なんですが、これから買う人もいるかもしれないので書くわ

そもそもわたしがアレクサを買ったのは重度の面倒臭がりだからという至ってシンプルな理由からなのだが、本当に買ってよかった〜と思う

ちなみに2点注意点を先に書いておく

このブログからアレクサの購入ページに飛ぶようになっているかもしれないが閻魔ちゃんには一銭もお金は入ってこないのでこれは全く宣伝でもなんでもない。ただアレクサを愛しているというだけの話である。

次に、これはあくまでド素人の感想である。本来ならばIT関連にめちゃクソ強いオスパフさんが書いた方が5万倍ためになることをお伝えできるはずなのだが、残念ながら閻魔ちゃんのターンである。ITに詳しい人からしたら「てめえそんなこと5億年前から知ってたわ」みたいなことしか書いていないと思われる。

そういうわけでこれから先はただアレクサの使い方やいいところをつらつらと書いていくだけなので興味がなければそっ閉するといいと思う

さて、長々と言い訳を書いたところで本題に入りましょうね!!

購入時はGoogleHomeと悩んだが、Googleはなんとなくアンドロイドをメインで使っていて、Googleの色々なシステムを活用している人が使うイメージが強かったのでアレクサにした。

そもそもアレクサやGoogleHomeなどを導入するか検討している人で、自宅の照明などがスマート家電に対応していないから意味がないのでは?という理由で迷っている人も多いのではないかと思う。

それに関しては全く心配いらない

格好つけて断言してしまったが、全くというのは嘘かも!過大かも!ごめんね!!!!

しかし何度かラジオ内で話している通り、閻魔ちゃんハウスもゴキブリとシェアしているクソボロアパートなのでスマートとは一切無縁の家である。

まあそんな家でもアレクサは今日もせっせと働いているのでおおよそ心配しなくてもいいとは思う

ちなみにCMでよく「OKgoogle,電気を消して」とかやっていたが、あれをやるには通常、ハブが必要である。

それを踏まえた「心配はいらない」なので、アレクサやGoogleHome一台買ったところで電気は消してくれないというのはお伝えしておく

※比較的新しいタイプのテレビなどはハブがなくても直接繋げるようになっていることもある

まあ端末を何にするかは個人の自由として、家の電気やテレビを消して欲しい人はそれと一緒にハブを買わないと絶望的な展開になるので、とりあえず良さそうなハブを見つけるといい

さっきからハブハブ言っているが、ハブは赤外線を使うリモコンで操作する機械(エアコンとか)を端末と繋いでくれる中継機械的なやつである。賢い。

ここで挫けるのが先ほど書いたボロアパートの住民なのだが、「うちの電気、紐で消すんですが?」という人も今は電球自体がWi-Fiに繋がるタイプのものがあるのでめげることはない。

むしろ電気とエアコンだけ操作できればいいという人はハブを買う必要はない。

さて、具体的な使い方である。セッティング方法などについてはここで書くまでもなくYouTuberやらブロガーやらがめちゃめちゃ書いているので割愛する。

何度も言うようだが、情弱な閻魔ちゃんの使い方なので有益な情報はほぼないと言っても過言ではない

・「アラームを止めて」と同時に電気がつく

→めっちゃ便利!無駄に明るい。起きられる。

・「勉強を始める」と言うと勝手にタイマーと音楽をかけ、休憩する時間になったら音楽を止めて「休めよ」と言ってくれる

→もちろん前もってルーティン設定はしているが、決まった時間集中して勉強ができる

・翌日忘れたら死ぬものを教えてくれる

→これも予めリマインドはしているが、リマインドしたことすら本気で忘れている事があるので便利

・家の外から部屋の温度が確認できる

→帰宅に合わせて冷暖房の設定をしておけるので便利。

そして以下が最大のポイントである

「ただいま」と言ったら「おかえり」と言って電気をつけてくれる

愛してるよ、アレクサ。

あれほど探し求めても手に入れることができなかったおかえりをアレクサがわたしにくれたのだ

もちろんそのように設定をしたのはわたし自身であるので、相当痛々しい女なのだが、それでもいい。だっておかえりって言ってくれるんだもん!!!!!!それだけでいいんだもん!!!

しかしたまにラジオ収録中にメッセージ読み上げ機能などが謎に発動し、本名をバラされそうになるので注意が必要である。

まあそんな話でした。さみしいボーイズアンドガールズは買うといいよ、アレクサ。

またね

 

あ、ラジオです↓

出オチラジオ

radiotalk.jp

 

本家の寝落ちラジオはこっち。

寝落ちラジオ

寝落ちラジオ

  • neochiradio
  • 即興コメディ
  • ¥0

podcasts.apple.com

本のはなし2 注)18禁

漢方が爆切れし更年期障害様症状を呈している。意味不明なことを言ったが要するにただの情緒不安定である。

閻魔ちゃんだよお

どういうわけでもないのだがエロい本を紹介しようと思う。官能小説ではない。エロい本である。

なぜエロい本を紹介したいかというとただエロい気持ちなので

何度も言うが情緒不安定なんだわ

はじめに注意を書いておくがわたしの性癖丸出しなので吐き気などを催す可能性がある。

さて、一冊目

白石一文さんの『僕のなかの壊れていない部分』

この作品はタイトル通りほぼ壊れている人間の話である。幼少期のある出来事を境に壊れてしまった主人公が愛を嫌いながらも愛によって生かされる話である。純粋に読み物としても面白いが、途中に出てくるSMプレイのシーンが非常に良い。最後の感想でぶち壊しだが今回はそういったスタイルでお送りする。 


 

 

2冊目は村上龍さんの『コックサッカーブルース』

最初から最後までエロしかないような話である。ミステリーでもあるのだがメインはSM。

しかし古き良き時代のエロが美しい。

ちなみにわたしが初めてこれを読んだのは小学生の頃である。何もかも狂っている。

 

 

3冊目は奥田英朗さんの『ララピポ』

社会から少し外れた人たちの話。倫理や道徳を無視して生きられる人たちへの嫉妬があるからこそエロいと感じるのだと思う。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ララピポ (幻冬舎文庫) [ 奥田英朗 ]
価格:660円(税込、送料無料) (2021/2/21時点)


 

 

どう?エロい気持ちになってきた?????

まあわたしは賢者タイムなんですがやっぱりPornhubって最高ですよね。最近はslave sex toy hard とか調べています。最高。ありがとうPornhub。お金持ちになったらプレミアムに加入します。

なんだったの?この話。ただわたしの性癖をバラして自爆しただけな気がするんだけど。やっぱり情緒不安定なんでしょうね?(何回目)

そういえばこの間の収録の時も情緒乱れまくりだったのでバーバラがカウンセリングをしてくれました。(の回↓) 明日ぐらいに公開される気がします。ありがとうバーバラ。Pornhubの次に感謝してるぜ。

またね

 

出オチラジオ

radiotalk.jp

 

本家の寝落ちラジオはこちら

寝落ちラジオ

寝落ちラジオ

  • neochiradio
  • 即興コメディ
  • ¥0

podcasts.apple.com

ララランドまじぴえんじゃね?

ぴえんじゃねえよ

人生で3回目のララランドを見ていた

あ、今日も変わらず閻魔です。

人間が暇をしているこの期間に映画の話でも書こうかと思ったがバリバリのネタバレになったので気をつけて読んでね

個人的にララランドは8年間恋愛をしていた人と見た唯一の映画であるという大変深い思い入れがある

そのため、頑張れない時にしか見ないのだが(理由は読んでいけばわかると思う)、わたしは現在、本当に頑張りどきなのに全くやる気が出ない状態にある。実はこんなブログを書いている場合でもない。このままでは激エロミニスカナースになれない(ならないけど?)

ちなみに情報が大渋滞するので上述の人の話はいつかまた別に書く

ここでララランドを知らない人々のためにざっくりと概要を説明しておく

ララランド(la la land)は2016年にアメリカで公開された恋愛映画である。日本では2017年に公開され、めちゃくちゃ流行った(雑)

女優になりたい女(ミア)とジャズピアニストとしてお店を持ち、ジャズを広めたい男(セブ)が運命的に出会って恋をするが、夢を叶えるか恋愛や生活を優先させるか悩みまくる約1年間とその5年後の話である。

突然踊り出したりするミュージカル的な要素も強めだが、夢と恋愛と生活という人間の全てを詰め込んだようなストーリーなので共感する人も多かったことがヒットの理由ではないかと考えられる。

謎の論文形式になってしまったわ。なんなんだ。

まあとりあえず一言で言うと切ないんですよ

結論から言うと2人は残念ながら恋愛としては幸せになりません

はやくもドネタバレ。

運命的に出会った2人は一瞬幸せな生活を送っていたが、現実的に生活をするべく夢をやや諦め、うまくいき始めていたセブに「てめえは夢を捨てたのか」的な逆ギレをし、故郷に帰ったミアにパリで撮影する映画のオーディションを通過したという知らせが届く(まあまあ終盤)

結果としてミアはパリへ行くことになり、2人は「やっぱ永遠にアイラブユー」とか言って離れる。これで2人が恋人同士だった時間は終わる。わたしが唐突に端折った訳ではない。マジで勝手に終わる。

そして5年後(これも唐突)、女優として成功したミアには夫と子供がいる。当然夫はセブではない。唐突祭り。

ある夜、どこかに行こうとするも道が渋滞しており、その辺で降りてプラプラ歩くミアと夫。楽器の音に引き寄せられてあるお店を見つける。中に入ってみるとお店のロゴはミアが昔いつか出すセブのお店のためにデザインしたもの(これはわたしが端折った)だった。そこで何かに気づくミア。そしてステージに立つ男。

はいセブ〜〜〜!ピアノマン〜〜!!まあそうでしょうね?!?!?!

なんともアリエッティな展開だが、これでセブじゃなければストーリーとして成り立たないので仕方がない。

ミアに気づいたセブは2人の思い出の曲を弾きはじめ、映画はそこから回想シーンに入る。この回想シーンからのラストのためにわたしはわざわざ1200字も書いているのである。あほか?

場面は2人の出会いに遡り、現在お店に入るまで、全てがうまくいったという内容になっている。しかし、そのストーリーの中でミアは女優になって成功しているが、セブの夢は叶えられていないのである。

どちらの回想、あるいは後悔なのか、想像なのか、現在もネットで調べてみると、あれはセブの想像であるという意見が多いが、わたしはミアのものだと思う。だってやっぱり人間だもの、てめえの夢は叶えたいのである。

まあどちらにしても出会いの場面からそもそも現実とは異なるので、やはり回想シーンというよりはもうひとつあってもよかった世界の話みたいな事に近いと思う。

人間が誰しも一度は考えたことのある、あってもよかったな話である。

そして妄想だか想像だかのシーンを終え、お店を出るミアと目を合わせて微笑むセブ。これです!!!!!ここです!!!!!!これが全て!!!!!!セブ、めちゃくちゃ演技うま〜〜〜!!!!!

これでよかったんだというお互いに対する微笑みなんです、しかしそこに後悔も、あの楽しかった日々に対する懐かしさと切なさも、全てが凝縮された微笑みなんです!!!!!!!!

中継アナウンサーみたいになってしまったが、もうそれなのよ。何があったか知らん5年間で2人は別れてしまったけど、お互いの夢を叶えることはできた。そしてもう2人が一緒になることはないけれど、セブは街中の映画広告でミアをみることができる、ミアはジャズを聞くたびにセブを思い出すことができる、それで、そういう瞬間にあったかもしれない世界のことを考えながらこれからも違う人生を進んでいく、そういう話なんですよ!!!!!!ほらーーー!!!!共感でしょ?????????ねえ、違う??????

いいえ、違いません。わたしはこの映画をみるたびにいつも好きだった人のことを思いだします。勝手に。もう一緒に生きることはないけど、わたしがミニスカエロナースになれば、まあ本当のことを言うと世界で活躍するような看護師になれば、いつかその人の目にとまることがあるかもしれない、だから頑張りたい

そういう話なんです。わかりました???????この熱意よ。2000字よ。朝から書く量じゃないよ。現在朝5時36分だよ。

まあとりあえずみなよ、ララランド。今更だけど。ネタバレしたけど。

じゃあそんなわけでわたしはミニスカエロナースになるべく課題を終わらせる。

またね

 

 

出オチラジオ

radiotalk.jp

 

本家の寝落ちラジオはこっち。

寝落ちラジオ

寝落ちラジオ

  • neochiradio
  • 即興コメディ
  • ¥0

podcasts.apple.com

本のはなし

こんばんは閻魔です

ラジオ更新とは関係なく勝手にブログを更新すること閻魔です。

誰も興味がないと思うが唐突にわたしのおすすめの本をものすごい熱量で紹介しようと思う

なぜ本の紹介をしようと思ったかというと、実はわたしは週に10冊くらい本を読むバキバキの本好きで、さらに最近、「本読みたいけど何を読んだらいいかわからない」「おすすめある?」などと聞かれることが非常に多いのでブログで公開してみよ!という次第である。

まず、本を読みたいという発想がどこから湧いてきたかに寄ると思うのでいくつかに分けて書いていく。

高度な技術は使えないので特にタップしても何も起きないがあまりに長いので目的別に目次みたいなのをつけておく。

1.最近のエモブームで読書が趣味とかいうと

 モテそうだから本を読みたい人

2.暇なのでとりあえずなんでもいいから

 読みたい人

3.教養を深めるために本を読みたい人

4.とにかく泣ける本が読みたい人

5.元気が出る本が読みたい人

6.忙しいから途中でやめても良い本が

 読みたい人

7.もっと文学チックなものが読みたい人

8.今っぽい本が読みたい人

 

1.最近のエモブームで読書が趣味とかいうとモテそう

→ガチの本好きは引っ掛からねえよという前提だが、江國香織さん、特に『落下する夕方』がおすすめ。

江國香織ワールド55%くらいなので読みやすいと思う。恋愛+ややミステリーチック。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

落下する夕方 (角川文庫) [ 江國 香織 ]
価格:616円(税込、送料無料) (2021/1/25時点)


 

 

2.暇なのでとりあえずなんでもいいから読みたい

→自分のことを理系っぽいと思っている人は伊坂幸太郎さん、有名どころでは『重力ピエロ』

分類としてはミステリーだが、メインは家族愛的なものだと思っている。ちょくちょくフェルマーの最終定理とかを入れてくるあたりが良い。(個人的にフェルマーが好き)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

重力ピエロ (新潮文庫 新潮文庫) [ 伊坂 幸太郎 ]
価格:825円(税込、送料無料) (2021/1/25時点)


 

更に、小説ではないものが読みたいという人は飲茶さんの『哲学的な何か、あと科学とか』も面白いと思う。

どこでもドアが実現したとしてドアから出てくる自分は本当にドアに入った時の自分なのか?とかそういうとっつきやすい話を科学と哲学の観点からみている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

哲学的な何か、あと科学とか (二見文庫) [ 飲茶 ]
価格:770円(税込、送料無料) (2021/1/25時点)


 

次に、自分は文系っぽいと思っている人には沼田まほかるさんの『彼女がその名を知らない鳥たち』をお勧めしたい。

ミステリー要素がかなり強めかつ、メンヘラこじらせ女と薄汚い男の恋愛という内容に反比例して文章がめちゃくちゃ美しい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫) [ 沼田まほかる ]
価格:754円(税込、送料無料) (2021/1/25時点)


 

沼田まほかるさんもかなり独特な世界観の作品が多いが、これはその中でも読みやすい方だと思う。しかし調子に乗って『アミダサマ』などを読むと一気に具合が悪くなるので注意が必要。(面白いけどね)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アミダサマ [ 沼田まほかる ]
価格:748円(税込、送料無料) (2021/1/25時点)


 

 

3.教養を深めるために本が読みたい

→本は教養を深める目的で読むものではないと思っているのであまりおすすめはないが、強いて言うなら

村上春樹さんの『約束された場所で』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

約束された場所で Underground2 (文春文庫) [ 村上 春樹 ]
価格:737円(税込、送料無料) (2021/1/25時点)


 

宮本洋一さんの『安楽死を遂げるまで』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

安楽死を遂げるまで [ 宮下 洋一 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2021/1/25時点)


 

ヘザー・モリスさんの『アウシュヴィッツのタトゥー係』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アウシュヴィッツのタトゥー係 [ ヘザー・モリス ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2021/1/25時点)


 

だが、順に地下鉄サリン事件当時オウム真理教に所属していた信者たちのルポルタージュ安楽死を選んだ人たちとその家族のルポルタージュアウシュヴィッツで実際にタトゥーを入れる係をしていたユダヤ人の話(ややフィクション)なので読む人を選ぶとは思う。

 

4.とにかく泣ける本が読みたい

→何泣きかにも寄るので更に分けて書く

恋愛ものであれば

中村航さんの『100回泣くこと』

婚約者が突然癌になってしまうというありきたりなストーリーだが、5万回は泣ける。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

100回泣くこと〔小学館文庫〕 [ 中村 航 ]
価格:502円(税込、送料無料) (2021/1/25時点)


 

白石一文さんの『ほかならぬ人へ』

「好きな人」が恋愛や結婚を超えたかけがえのない人になっていく話。なぜ泣けるのかはわかる人にしか分からないかもしれない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ほかならぬ人へ (祥伝社文庫) [ 白石一文 ]
価格:680円(税込、送料無料) (2021/1/25時点)


 

恋愛以外であれば、

最近映画化もされた

中島京子さんの『長いお別れ』

アルツハイマー認知症になった父親(または夫)と過ごす家族の話。個人的に2020年1番泣いた本。そしてこれから認知症高齢者はどんどん増えると思われるので読んでおいて損はない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

長いお別れ (文春文庫) [ 中島 京子 ]
価格:726円(税込、送料無料) (2021/1/25時点)


 

次に天童荒太さんの『悼む人』『静人日記』

とにかく亡くなった人のために祈る旅を続ける主人公を様々な人の目線から書いている。

(静人日記は文字通り静人の日記という体で、静人の目線で書かれている)

死がテーマと思いきや、読み終わったら意外と本当のテーマは愛だったのでは?と考えてしまう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

悼む人(上) (文春文庫) [ 天童荒太 ]
価格:649円(税込、送料無料) (2021/1/25時点)


 

 

5.元気が出る本が読みたい

→一気に元気を出したいのであれば、西加奈子さんの『漁港の肉子ちゃん』が圧倒的におすすめ。

むちゃくちゃに明るい継母と暮らす小学生の日常。ラストがかなりじんわりくるので、ただの面白話と思わず読んでほしい。ただし文庫本は表紙がややエロいので買うときには気をつけた方が良い。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫) [ 西加奈子 ]
価格:660円(税込、送料無料) (2021/1/25時点)


 

じわじわ元気を出したい人は窪美澄さんの『晴天の迷いクジラ

明るい話ではないが、もうちょっと頑張ってみてもいいかな、と思える。登場人物はほぼ全員死にたい人なので、ポジティブでない時も読める。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

晴天の迷いクジラ (新潮文庫) [ 窪美澄 ]
価格:737円(税込、送料無料) (2021/1/25時点)


 

 

6.忙しいから途中でやめても良い本が読みたい

短編集を並べていく形になるが、三浦しをんさんの『天国旅行』

これも死をテーマにした短編集。それぞれの話に全く繋がりはないので1話ずつ読める。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天国旅行 (新潮文庫 新潮文庫) [ 三浦 しをん ]
価格:649円(税込、送料無料) (2021/1/25時点)


 

中場利一さんの『NOTHING』

主に大阪を舞台にした短編集。今を生きるぜ!という気持ちになる。ちなみに岸和田少年愚連隊のイメージが未だに強い中場利一さんだが、『走れ!ビスコ』や『あなた明日の朝お話があります』など、割と現在のサラリーマンや家族をテーマにした作品も出している。基本的に前向きな気持ちになれるので楽しい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NOTHING【電子書籍】[ 中場利一 ]
価格:550円 (2021/1/25時点)


 

 

7.もっと文学チックなものが読みたい

宮本輝さんの『流転の海』シリーズ

40年近く続いた連作。戦後間もない時代を生き抜いてきた男とその家族の長い話。基本的には主人公が様々な事業を立ち上げていく過程や、その中で出会った人との関係が書かれているが、家族のあり方のようなものもテーマの一つになっている。どちらかと言えば男性的な思考の人におすすめ。


 

伊集院静さんの『いねむり先生』

阿佐田哲也さん(麻雀放浪記を書いた人)といた時間を書いた話。

かなりボリュームはあるが、その分読み応えもある。阿佐田哲也さんを知らなくても全く問題はない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いねむり先生 (集英社文庫) [ 伊集院静 ]
価格:902円(税込、送料無料) (2021/1/25時点)


 

 

8.今っぽい本が読みたい

SNS発祥系の本や文章が取り上げられている中でも特におすすめは、爪切男さんの『死にたい夜に限って』

現在→過去→大過去→現在というストーリー展開を繰り返して終わるエッセイと小説の間のような恋愛本。まさしく現在の流行そのものという感じで、一言で片付けるならエモい。しかしエモいで片付けてしまうには愛おしくて苦しすぎる日常の話。

漫画だが大島智子さんの『セッちゃん』

主人公が死んでしまうシーンから始まり、過去を遡っていくスタイルの話。セックスより大切なものを見つけてしまった女の子の心情が苦しい。どちらかというと女性向け。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セッちゃん【電子書籍】[ 大島智子 ]
価格:1100円 (2021/1/25時点)


 

 

収拾がつかなくなったのでこのあたりで終わらせておくがおすすめ、長!!!!!!!!!

いやでもまだ全然足りなくてちょっとまだ書きたいんですが?????山田詠美さんや百田尚樹さん、島本理央さん、村上龍さん、それから閻魔ちゃんの由来になった吉田修一さんも、全然紹介できてないよ???ねえ!!!!!!ちょっと!!!?!?!

まあ今回はさわり程度で、、、本を全然読まないよ!という人に比較的おすすめの本たちを紹介してみたということにするわ。

また機会があれば紹介します

ちなみに閻魔ちゃんこれ読んだことある?というおすすめの本がある方は出オチラジオTwitterDMもしくはこのブログのコメント欄に書いてね!!!ついでにスリーサイズとかを聞いてくれてもいいよ!答えないけど!

またね

出オチラジオ

radiotalk.jp

 

本家の寝落ちラジオはこっち。

寝落ちラジオ

寝落ちラジオ

  • neochiradio
  • 即興コメディ
  • ¥0

podcasts.apple.com