DOZE OFF RADIOを聞いた後に読むブログ

DOZE OFF RADIOを聞いた後に、本当に寝落ちするために読むブログです。

6月29日 梅雨の夢か

6時に起きた。最近は少しだけ眠れるようになってきている。

昨日の夜、変な夢みたいなことがあったからかもしれない。帰宅してシャワーを浴びていると突然電話がかかってきた

それは山田という。5年くらい前から1ヶ月に2回くらい会う、唯一セックスをしていない男性の友達だ。5年間、なぜかいつもわたしの家の近所にいて、都合の良い時に公園でお酒を飲んだりしているのだが(たまに汚い飲み屋にも行く)わたしは山田の正体を全く知らない。年齢も職業も住んでいるところも知らない。それどころか飲み屋では佐藤とか田中とか言っているので山田もたぶん本名ではないだろう。

近所にいて、と書いたがたまたまいつも近所に住んでいるのか、合わせてくれているのかどうかも知らない。ただわたしは友人として山田に全面的な信頼をおいている。セックスをしなくても話ができる男性という意味でも、まともにおつむを使って会話ができるという意味でも、酔っ払ってたまに鬱々とした電話をしてくるところ以外、山田はとても素晴らしい人間である。

昨日の電話も鬱々としてはいたが、わたしも同じくらい鬱々としていたので、いつも通り近所の公園で会った。意味のわからないところが真面目なので昨日はお互いオレンジジュースとマンゴーソーダにしておいた。

久しぶりにぶらんこをこいだりしながら(山田はわたしがぶっ飛びそうになるくらい背中を押した)近況報告にもならないような話を2時間くらいして、たばこを吸ってわかれた。家に着いたころ、また電話がかかってきて、お前は馬鹿みたいな恋愛ばっかりしてるなとかどうせ幸せになりたくないんだろとか言い出し、そのあと急に「俺はお前が好きなんだよお」とまあまあでかい声で叫びだしたのでわたしは驚きのあまりベッドでひっくり返り、首を痛めた。山田がわたしのことを異性として好きだという可能性について一度も考えたことがなかったし、同じようにわたしが山田のことを好きだということも考えたことがなかった。しかしまあ電話だし、山田も梅雨で情緒不安定だし、となんとか思い直し、知ってましたよおやすみなさいとか何とか言って眠ったのだった。(死ぬほどどうでもいい事だが、どう考えても山田は年上に見えるのでわたしは彼に5年も敬語をつかっている)

起きたら楽しげに平行台で寝転がったわたしの写真が送られてきていた。山田は今までに一度だってわたしの写真を撮ったことはないのに、やっぱり梅雨はおかしい。

梅雨のせいにして終わらせてはいけないとは思いつつ、今はそんなことを考えている場合ではないのでやはり梅雨のせいにして今日は1日中勉強をしていた。

変な日だった。全部夢だったのかもしれないと思い始めている自分の脳みその都合の良さに感謝しながら今日も眠るだろう。おやすみ。

6月16日 幸せバッドエンド

3時に起きた。日に日にはやくなっているがもう寝坊をしないだけましだと思っている。

朝起きるととりあえず国試の過去問を解きながらスープを食べてドラマを見る

今みているドラマは、最初は不幸じみているが5話くらいから幸せの影がちらついてくるような話である。

ハッピーエンドが嫌いだ。小説もドラマも映画も音楽も全部不幸で終わって欲しい。

だってなんとなくこの世でハッピーエンドになれる物事は数量限定みたいに決まってるんじゃないかと思う

だからなるべくこの世の話は不幸で終わって欲しい

さらに言えば、不幸でしたがなんとか困難を乗り越えて結婚しましたはいハッピ〜的な終わり方をされると大変な憤りを感じる

結婚してその先に幸せが待っていると思ったら大間違いだぜ!?!?!?馬鹿なのか???どうせ靴下をその辺に脱ぎ散らかす癖とかお互い忙しくて洗い物ができなかったとかそんなことで喧嘩して、そんなことが積もりに積もって結局喧嘩すらしなくなって、最終的には不幸だった方がましだったとか言い出すんだから(実体験ではない)

は〜〜〜くだらない!そして何よりくだらないのはこんな朝というかもはや深夜にそんなくだらないことを考えている自分自身なのだが、一旦棚に上げておく

まあなんにしろこの世の放送局や作家さん、音楽家の皆様にはぜひバッドエンドばかり作っておいて欲しい。お願いします!頼む!よろしく!!!!!!

6月15日 よなかのおんな

3時50分に起きた。2時頃たくまから電話がかかってきていた。その後のラインを要約すると「なんとなくやりてえ」かったらしい。

実習中の早朝にやりてえと電話をしてくるような人、しかも1番目に彼女がいる人をわたしはどうして平気で好きでいられるんだろうと頭を抱えていたら次は4時半すぎに酔っぱらった先輩から電話が来た。数日前から、お前はどうしてまともに生きていこうとしているのだ、というようなラインが何回かきていたのでそろそろメンヘラかと覚悟していたが久しぶりに想像を絶するメンヘラだった。電話越しになんとか死ぬのはやめてくれと説得しながら、そういえばつい最近にもこの人はメンヘラを起こして朝の4時に突然うちに来たのだったと思い出した。

どうしてこうもわたしは深夜の女なんだろうか。巻き込まれ風に情緒不安定になっている気がする。まあ何はともあれ季節の変わり目である。6月というのは大体みんな不安になるのだ。仕方ない。たくまのやりてえ病も先輩のメンヘラもわたしの情緒不安定も全部梅雨のせいにしておく。

しかしながら深夜なり早朝なりに起こされてはたまらないのでしばらく機内モードにして寝ようと思う

6月10日 海の朝

今日から実習がはじまる。4時に起きて24時間営業のスーパーにゼリーを買いに行った。

朝に家を出る時久しぶりに夏の朝の匂いがした。朝の匂いが好きだ。ここは日本だしなおかつうちの近所にはドブ川しかないが、海外の海の朝が好きだ。

昔、両親とよく海外旅行に行った。時差に弱い母は朝になってようやく眠ることが多かったから、邪魔しないように父とわたしは早朝に起きて朝の海をよく歩いた。

夜ほど怖い人はいなくて、ボートに乗らないかという誘いをしてくるくらいだった。父は面白半分で話を聞いて、小さいわたしにもどうしたい?とか、質問はある?とか、ちゃんと聞いてくれた(わたしがどう言おうと断っていたが)

父と手を繋いでしばらく歩いて、結局海で泳いだり、ホテルのプールに行ったりした。それからお昼過ぎに起きる母を待って、大きなモールで買い物をたくさんした。今では眩しすぎるころだったと思う

父と母はもうすぐ離婚する。交互に電話をかけてきてはお互いのぐちを話して、最後には離婚なんて嘘なんじゃないかというくらい同じ調子で「子供が心配することは何もないから」と言う。わたしが大人になってしまったから離婚するのかなあと馬鹿みたいなことを考えてみたりもしたが、もう彼らは10年近くも別居しているのだからわたしのせいではない。でもこういう日にはやっぱり楽しかった海の朝を思い出してちょっと1人で泣いてしまう

しかし泣いてばかりもいられない。実習である。おはようございます!はじめまして!閻魔です!とか言わないといけない。しかもこの調子だと間違えて明日、本気で閻魔です!とか言いそうなのでふざけるのもこの辺にしてもう準備をする。おやすみ。

6月5日 7重オブラートでしね

もはや日記と化しているこのブログである。

曜日など関係なくもう5時には目が覚めるようになった。土曜だせ!やっと休みだぜ!と思っていたらオンライン模試の日だった。8時から14時頃まで永遠に椅子に座り問題を解いていた

お昼に携帯を見たら昨日喧嘩を売ってきた女からラインがきていた。またもや喧嘩を売ってきて、というよりも、もはや押し売りしてきたので殺してやろうかと思ったが午後も問題を解かなくてはいけないので思いとどまった。とはいえ腹が立ったので7重ほどオブラートに包みまくった死ねを送っておいた。

そんなわけで午後は終始怒りに支配されながら問題を解いていたが、なかなか点数が良かったので今日はまあ悪くない日だと言えるだろう

しかしまあどこにいっても嫌なやつというのはいるなあと思う。わたしは基本的に平和に暮らしたい人間である。自分から喧嘩は売らないし、人生において自分から争いごとを起こしそうなことをしたのは2回くらいだ。(そのうち1回はたくまにわたしを2番目の彼女にしろと言ったことだし、しょうもない)

理不尽だなあと思っても、文字通り理不尽だなあと思いながら「あ〜ごめんね〜」とかいうタイプだ。まあ恐らく、理不尽だなあという顔をしながら謝っているものだからこんなに争いごとに巻き込まれるのだろう。愚かである。どちらにしろ結果は変わらないし、ストレスも溜まるし、今度からは理不尽だなあと言ってみようとすら思う。こんなことを書いていたら嫌な日だった気がしてきたのでもう夕方からお酒でも飲むことにした。どうせ悪夢をみて明日も5時に起きる。クソ!