DOZE OFF RADIOを聞いた後に読むブログ

DOZE OFF RADIOを聞いた後に、本当に寝落ちするために読むブログです。

けっこんのはなし

こんばんは今日も今日とて閻魔ちゃんです

出オチラジオ、第10回目〜13回目でオスパフさんとバーバラさんが結婚とか恋愛とか(主にオスパフが結婚できるかという話でしたが)(そんでできないと思いますが)の話をしていたので、ブログではクソの役にも立たないえんまの結婚が結婚した時の話をしたいと思います

出オチラジオ

radiotalk.jp

 

 

というわけで、わたしは2年間結婚していた

I had  married for two yearsですねえ

厳密にいうと1年11ヶ月だがそのあたりはまあいいとして、今回は結婚した話なので、文字通り結婚した話を書く(離婚した話も近日公開するよ!)(誰が読みたいのか)

結婚したとき、この世で1番とち狂っていたと思う。そもそも当時のわたしは、ドメンヘラな上に親の脛をかじりまくり、実家は首都圏なのにも関わらず山手線の(なんもないけど)そこそこ便利な駅に住み、学校にはほとんど行かずに、「とりま一生他人の脛齧って生きていくっしょ!」という魂胆で生きていた。最低の塊である。更にはメンヘラをこじらせ、どうしようも無くなったら死の!と決めていた。

そうしているうちに当然ながら付き合っていた彼氏にも振られ、次になんとなく付き合った男はこれまたわたしを遥かに凌駕するメンヘラ、更にその次に好きになった人には「自殺した元カノに似てるから無理」という理由で振られ続け(しかも実は未遂で死んではいなかった)、まあやりたい事もなく、本当にどうしようもなくなったので死のうとしていたところに文字通り流星の如く元夫が現れたのである。誰かにいてほしかった、だからやっぱ結婚だよね〜〜〜!!!!しょうもないので出会いなどは省略するが、まあわたしに負けず劣らず頭がおかしかったその人は、「結婚しよ?」(5回目)に対してなんと「いいよお!」とのたまった。

そしてその日のうちに馬鹿2匹は婚姻届を出し、なんならちゃっちい結婚指輪まで購入したのである。今思えば何もかもがおかしい。

なにしろ生活費全てを親の脛で賄っており、その後も自力で生活する気など微塵もなかった女と、夢追い貧乏フリーター(ド借金野郎)の結婚である。

結婚しよ?じゃないし、いいよお!でもない。

さて、どうなる閻魔ちゃん!(離婚一択)(正解!)

という事で結婚の話は終わりです

こうして書いていてもなぜ結婚したのかという疑問しか湧いてこないこの不毛な話だが、離婚の話につ・づ・く・❤︎

またね

 

本家の寝落ちラジオはこっち。

寝落ちラジオ

寝落ちラジオ

  • neochiradio
  • 即興コメディ
  • ¥0

podcasts.apple.com