寝落ちラジオを聞いた後に読むブログ

寝落ちラジオを聞いた後に、本当に寝落ちするために読むブログです。

ララランドまじぴえんじゃね?

ぴえんじゃねえよ

人生で3回目のララランドを見ていた

あ、今日も変わらず閻魔です。

人間が暇をしているこの期間に映画の話でも書こうかと思ったがバリバリのネタバレになったので気をつけて読んでね

個人的にララランドは8年間恋愛をしていた人と見た唯一の映画であるという大変深い思い入れがある

そのため、頑張れない時にしか見ないのだが(理由は読んでいけばわかると思う)、わたしは現在、本当に頑張りどきなのに全くやる気が出ない状態にある。実はこんなブログを書いている場合でもない。このままでは激エロミニスカナースになれない(ならないけど?)

ちなみに情報が大渋滞するので上述の人の話はいつかまた別に書く

ここでララランドを知らない人々のためにざっくりと概要を説明しておく

ララランド(la la land)は2016年にアメリカで公開された恋愛映画である。日本では2017年に公開され、めちゃくちゃ流行った(雑)

女優になりたい女(ミア)とジャズピアニストとしてお店を持ち、ジャズを広めたい男(セブ)が運命的に出会って恋をするが、夢を叶えるか恋愛や生活を優先させるか悩みまくる約1年間とその5年後の話である。

突然踊り出したりするミュージカル的な要素も強めだが、夢と恋愛と生活という人間の全てを詰め込んだようなストーリーなので共感する人も多かったことがヒットの理由ではないかと考えられる。

謎の論文形式になってしまったわ。なんなんだ。

まあとりあえず一言で言うと切ないんですよ

結論から言うと2人は残念ながら恋愛としては幸せになりません

はやくもドネタバレ。

運命的に出会った2人は一瞬幸せな生活を送っていたが、現実的に生活をするべく夢をやや諦め、うまくいき始めていたセブに「てめえは夢を捨てたのか」的な逆ギレをし、故郷に帰ったミアにパリで撮影する映画のオーディションを通過したという知らせが届く(まあまあ終盤)

結果としてミアはパリへ行くことになり、2人は「やっぱ永遠にアイラブユー」とか言って離れる。これで2人が恋人同士だった時間は終わる。わたしが唐突に端折った訳ではない。マジで勝手に終わる。

そして5年後(これも唐突)、女優として成功したミアには夫と子供がいる。当然夫はセブではない。唐突祭り。

ある夜、どこかに行こうとするも道が渋滞しており、その辺で降りてプラプラ歩くミアと夫。楽器の音に引き寄せられてあるお店を見つける。中に入ってみるとお店のロゴはミアが昔いつか出すセブのお店のためにデザインしたもの(これはわたしが端折った)だった。そこで何かに気づくミア。そしてステージに立つ男。

はいセブ〜〜〜!ピアノマン〜〜!!まあそうでしょうね?!?!?!

なんともアリエッティな展開だが、これでセブじゃなければストーリーとして成り立たないので仕方がない。

ミアに気づいたセブは2人の思い出の曲を弾きはじめ、映画はそこから回想シーンに入る。この回想シーンからのラストのためにわたしはわざわざ1200字も書いているのである。あほか?

場面は2人の出会いに遡り、現在お店に入るまで、全てがうまくいったという内容になっている。しかし、そのストーリーの中でミアは女優になって成功しているが、セブの夢は叶えられていないのである。

どちらの回想、あるいは後悔なのか、想像なのか、現在もネットで調べてみると、あれはセブの想像であるという意見が多いが、わたしはミアのものだと思う。だってやっぱり人間だもの、てめえの夢は叶えたいのである。

まあどちらにしても出会いの場面からそもそも現実とは異なるので、やはり回想シーンというよりはもうひとつあってもよかった世界の話みたいな事に近いと思う。

人間が誰しも一度は考えたことのある、あってもよかったな話である。

そして妄想だか想像だかのシーンを終え、お店を出るミアと目を合わせて微笑むセブ。これです!!!!!ここです!!!!!!これが全て!!!!!!セブ、めちゃくちゃ演技うま〜〜〜!!!!!

これでよかったんだというお互いに対する微笑みなんです、しかしそこに後悔も、あの楽しかった日々に対する懐かしさと切なさも、全てが凝縮された微笑みなんです!!!!!!!!

中継アナウンサーみたいになってしまったが、もうそれなのよ。何があったか知らん5年間で2人は別れてしまったけど、お互いの夢を叶えることはできた。そしてもう2人が一緒になることはないけれど、セブは街中の映画広告でミアをみることができる、ミアはジャズを聞くたびにセブを思い出すことができる、それで、そういう瞬間にあったかもしれない世界のことを考えながらこれからも違う人生を進んでいく、そういう話なんですよ!!!!!!ほらーーー!!!!共感でしょ?????????ねえ、違う??????

いいえ、違いません。わたしはこの映画をみるたびにいつも好きだった人のことを思いだします。勝手に。もう一緒に生きることはないけど、わたしがミニスカエロナースになれば、まあ本当のことを言うと世界で活躍するような看護師になれば、いつかその人の目にとまることがあるかもしれない、だから頑張りたい

そういう話なんです。わかりました???????この熱意よ。2000字よ。朝から書く量じゃないよ。現在朝5時36分だよ。

まあとりあえずみなよ、ララランド。今更だけど。ネタバレしたけど。

じゃあそんなわけでわたしはミニスカエロナースになるべく課題を終わらせる。

またね

 

 

出オチラジオ

radiotalk.jp

 

本家の寝落ちラジオはこっち。

寝落ちラジオ

寝落ちラジオ

  • neochiradio
  • 即興コメディ
  • ¥0

podcasts.apple.com